妊娠検査薬と基礎体温の変化

 

基礎体温の変化というのは妊娠において非常に関係性が深いですよね。
そのため、妊娠を望んでいる方はまずは基礎体温をつけてみるようにしましょう。

 

基礎体温というのは、体を動かしていない時の体温になります。
簡単に言うのであれば、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギー代謝を行っている時の体温になります。
そのため、基礎体温を測るときには起床後すぐの体温を測るのが基本になります。

 

基礎体温を測る時には体温計は小数点以下第2位までの数字を測定するというのが基本になります。
また、基礎体温を測る時には、脇に挟むのではなく口の中の舌の裏で測るのが基本になります。

 

女性の場合、排卵をすると黄体が形成されるため、黄体形成ホルモンが分泌されます。
そのため、基礎体温が少しだけ上昇するのです。

 

つまり、細かい温度まで測定することができる体温計が非常に重要なポイントになるのです。
排卵後から月経が始まるまでの間は、高温期になります。
月経が始まると低温期に入りますので、そのまま排卵までの間は低温期が継続することになっています。

 

そして、排卵と同時にまた高温期に戻っていくことになっています。
そのため、体温計を使用して基礎体温の変化に気付くことができたのであれば、次は妊娠検査薬を使用してみるようにしましょう。