妊娠検査薬と基礎体温の変化

 

基礎体温の変化というのは妊娠において非常に関係性が深いですよね。
そのため、妊娠を望んでいる方はまずは基礎体温をつけてみるようにしましょう。

 

基礎体温というのは、体を動かしていない時の体温になります。
簡単に言うのであれば、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギー代謝を行っている時の体温になります。
そのため、基礎体温を測るときには起床後すぐの体温を測るのが基本になります。

 

基礎体温を測る時には体温計は小数点以下第2位までの数字を測定するというのが基本になります。
また、基礎体温を測る時には、脇に挟むのではなく口の中の舌の裏で測るのが基本になります。

 

女性の場合、排卵をすると黄体が形成されるため、黄体形成ホルモンが分泌されます。
そのため、基礎体温が少しだけ上昇するのです。

 

つまり、細かい温度まで測定することができる体温計が非常に重要なポイントになるのです。
排卵後から月経が始まるまでの間は、高温期になります。
月経が始まると低温期に入りますので、そのまま排卵までの間は低温期が継続することになっています。

 

そして、排卵と同時にまた高温期に戻っていくことになっています。
そのため、体温計を使用して基礎体温の変化に気付くことができたのであれば、次は妊娠検査薬を使用してみるようにしましょう。

 

 

今日のテーマは「妊娠検査薬」です☆ 妊娠検査薬は皆さんもご存知の通り、女性が妊娠しているかしていないかを調べるためのものです(o^∇^o) この妊娠検査薬は正しい使い方をしてあげないと、間違った検査結果が出る可能性が大きくなります。妊娠検査薬を使っている人がもっともやりがちなのが妊娠検査薬のフライング使用です(≧ヘ≦) 検査の日まで待つことができずに妊娠検査薬を使ってみたら薄く陽性反応がでた!! という話をよく耳にしますが、ここで注意しておきたいのが、その陽性反応には化学流産の危険性がまだ隠れているということなんです!!

 

排卵検査薬は通販で買うのが主流

 

 

産後ダイエットのやり方

 

先月、小さい頃からの友達が出産しました。
妊娠してから、自分の体系が変わってしまったことがショックだったようで、産後ダイエットをすれば元の体系に戻るのかなと心配していました。私も産後ダイエットに成功するまでは、本当に痩せるのかと毎日ダイエットの事を考えていた気がします。
友達はその事を知っていたので、産後ダイエットのやり方を聞かれました。
母乳育児をしていると自然に体重が落ちると聞いていたのですが、私の場合もそうでした。
ただ、授乳しているといつもお腹が空いている状態だったので、間食が増えてしまったのです。間食ばかりしていると、全然痩せませんでした。
私の場合の産後ダイエットですが、食事の量は控えめで、母乳の為に揚げ物や甘いものを食べないようにしました。
なるべく和食中心にして汁物をたくさん食べるようにしていました。
母乳の為、母乳の為と考えていると、体に悪いそうな食べ物を食べなくなるのでそれがダイエットにつながったのだと思います。
あとは、夜7時以降は食べないようにすることを心がけました。これは、産前も同じ事です。
私流の産後ダイエット方法を伝えると、さっそく実践してみると言っていました。

 

 

マカのコストパフォーマンス

 

マカのコストパフォーマンスは、すっぽん、さそり、高麗人参などの他素材と比較するとかなり安いです。
にんにくよりは高額ですが、必須アミノ酸の含有量が多いことを考えると、にんにく以上のコストパフォーマンスがあると言えます。

 

マカ商品の価格帯は幅広く、1,000円未満~15,000円以上の商品まであります。
マカ単体のサプリよりは、複合サプリのほうが価格は高くなります。
おすすめの価格帯は2,000円~5,000円程度です。
お金に余裕がある方は、10,000円以上の商品を試してみるとよいです。
機能性を重視しているので、医薬品に匹敵するほど体感しやすい商品もあります。
1,000円未満の商品に関しては、マカの含有量が少ないケースが多いです。
含有量を記載していない場合は、少量しか含まれていない可能性があります。

 

マカは少量でも体感できるため、精力剤の中でもコストパフォーマンスはダントツです。
精力増強のために飲むなら、1日3g~5g程度がいいでしょう。
粉末タイプは特に価格が安く、1ヶ月あたり2,000円未満で続けることができます。
サプリタイプなら3,000円以上が相場となりますが、粉末タイプなら同量の成分を2,000円未満で摂取できます。

更新履歴